流れに逆らわず自分らしく生きようと心がけています


by mihohakamata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ウッドワーク( 31 )

ジュニパースプーン

d0237913_08215153.jpg
ずっと前にいただいたジュニパーのスプーン

d0237913_08223274.jpg
竹スプーンを使い始めてからは奥の方で眠っていました

d0237913_08232606.jpg
使いやすいように

d0237913_08244657.jpg
削り始めたけど・・・

d0237913_08321128.jpg
きゃー 
削りすぎちゃった~


d0237913_08390961.jpg
しばらく作ってなかったからなあ

d0237913_08365891.jpg
でもなんとか使えそうです ♪



[PR]
by mihohakamata | 2015-06-15 08:53 | ウッドワーク | Comments(0)

手作りワインラック

d0237913_00340195.jpg
今までのワインラック大きすぎです

d0237913_00335233.jpg
オークの切れ端を見つけたので
簡単ラック5本用を作ってみました

d0237913_00343586.jpg
まあまあかな
ボトルによってかなり直径が違うことがわかりました



[PR]
by mihohakamata | 2014-11-04 05:38 | ウッドワーク | Comments(0)
d0237913_7581289.jpg
⑬カエデのブロックからネックを作る
⑭ペグの穴をドリルで開け、頭の部分は糸ノコで形作る
⑮切込みを入れる
⑯渦巻き(scrowl)は丸ノコで
⑰ペグボックスは小さい鑿でほる
⑱ネックは鑿で削り丸くしていく
指板(黒檀)を貼り付け、
本体の上の部分に四角いスペースを作りネックをはめ込む
ストラディヴァリは上の部分に大きな釘を3本打って安定させた

d0237913_80648.jpg
⑲本体はまず透明なニスで塗られ
次に色つきのニスで塗り、色に深みが出るまで3,4回繰り返す
透明なニスでさらに1,2回コーティングし、軽くサンドペーパーをかける
ストラディヴァリは、薄い金色の松脂とベネチア産テルビン油ミックスを
(あれ?この前買ったterbinth berry の木から採れる油かな?)
白木にコーティングした
彼の作品の色はゴールデンオレンジから赤茶色まで様々である
ニスの塗り方、質も音に影響するので技術が問われる

⑳ペグ、テールピース、エンドピン、弦、駒をつける

ふーっ
次はやっとストラディヴァリウスの写真です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-08-01 08:44 | ウッドワーク | Comments(0)
d0237913_632364.jpg
⑧裏板はカエデ
表板と同じように木目を合わせて貼り付ける

d0237913_7563452.jpg
⑨表板の裏側を丸鋸で削り
⑩型で輪郭をとったf字孔の丸い穴をドリルで開け
他の部分をのこぎりで切りとり、ナイフで仕上げる
⑪低音域の部分にバスバー(細く切ったスプルース)を駒の端からG線に対して平行につける
付ける
こうすることで強化された表板は弦によってかかる圧力に耐えることができる
またG線からの低周波振動を楽器本体に送り込む役目もする

*ストラディバリウスのバスバーは薄くて短かく、弦の圧力に対してプロテクトが不十分なため
現在残っている彼の楽器のバスバーはすべて取り換えられている

d0237913_7583728.jpg
⑫側板に表板、裏板を貼り付ける
板の厚さが場所によって微妙に違う
高品質の音を作る重要なポイントでもある
ストラディヴァリウスの表板は中心が4㎜かそれ以上、端のほうは2~3mm

スプルースの魂柱(サウンドポスト)をf 字孔から入れる
バスバーと反対側の駒の近くに配置
振動を表板から裏板へ運ぶ役割をする
これも位置によって音量や明るさが変る

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-31 07:13 | ウッドワーク | Comments(0)
d0237913_631115.jpg
①乾燥させたスプルース(松科)
②木目がそろうようにしてはり合わせる

d0237913_6313234.jpg
③型を使って
④側板(メープル、約1㎜)をつけていく
⑤補強のため細くしたヤナギを縁に貼り付ける

d0237913_632515.jpg
⑥できた側面で少し大きめに型をとり、のこぎりで切る
丸のこで表面を軽く削る

d0237913_6344529.jpg
⑦丸のこや鑿を使ってアーチを作る時は最新の注意が払われる
溝を作り細くした黒檀などをはめ込む(黒檀は2重でその間にはカエデがはめ込まれる)
亀裂が入るのを防ぐためらしい

d0237913_614989.jpg
これをパーフリングと言うが、今自分の楽器を見てみたら
黒檀+カエデ+黒檀で約1㎜であった

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-30 07:29 | ウッドワーク | Comments(0)

ウッドワーク教室閉講

ウッドワーク教室からクラスキャンセルの連絡がきました。
先生が健康上の問題を理由に辞めたということです。
心配になりD先生に直接電話してみました。
この夏2回も心臓の手術をされたそうで、
大事を取って夜のクラスをキャンセルすることにきめた、と。

ゆっくり養生して人生楽しんでください、
Keep in touch!
と会話を終えたのですが、
なんだかぽっかり穴が開いた気分です。
4年間かけて仲良くなったメンバーとも、もう会えないのかな~

バレエも閉講だし、穴が開き過ぎです。
ということは、何か新しいことが始まる入れ替わりの時期なのですね、きっと。



=おまけ=

d0237913_8172427.jpg
JAさんのベルたち
磨くのが大変そう

d0237913_8174943.jpg
ベル2

d0237913_8181021.jpg
ベル3

イギリスには収集家が多いです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2012-09-10 09:19 | ウッドワーク | Comments(0)
今年度最後のウッドワーク教室でした。
つい脱線して他のものを作ってしまい
ミニグリーンハウスの側面作り完成ならず・・・
でもベテランSさんがまた、とても丁寧にRouterの使い方を教えてくださったので
9月からは一人でできるかもしれません。

年度末ということで、終わった後みんなでパブへ行ってきました。
先生がいつもみんなに飲み物をふるまってくださいます。

3年間一緒だった仲間2人と今日でお別れということが判明。
遠くに引っ越してしまうそうです。
ほんと感傷的な季節だこと。

みんな同じ趣味を楽しみに週一回集まるんですが
おもしろいことにそれぞれが普段何をしているのかほとんど知りません。

3年目にして

何やってるんだい普段は?

ごにょごにょ・・・バイオリン・・・ごにょごにょ

へえー

で、あなたは?

医者、リタイヤしたしたけど

僕はITにいたけど
今度から家具職人になるんだ


それを聞いてた先生が携帯でユーチューブの演奏を探しだし
パブでしばしカルメンファンタジーがなっていました。

オレンジジュース飲みながら真っ赤になってましたよ。
からかわれるのはどこに住んでも同じだな~。
小学生の時から性格が変わっていないのかも・・・
いや、幼稚園からかな?

ま、別れがあるということは、また出会いもあるんでしょう。
前に進むのみです!

d0237913_8255461.jpg
昨日出会った赤いスモモちゃんたち ♪

畑友Sさん、スモモの木を見つけるのが上手になりました。
この調子でクルミの木探し名人になってくれたらな~

d0237913_8233420.jpg
直径3㎝位
待ってればもっと赤く甘くなるんでしょうけど・・・

すでに塩につかってます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2012-07-03 08:49 | ウッドワーク | Comments(2)

ミニグリーンハウス

ウッドワーク教室で昨年の9月からはじめた鶏舎作りですが
途中、スプーン、八分音符のキーホルダー作りに夢中になり、
数週間前からやっと再開しました。
ただ、鶏舎じゃなくて、ミニグリーンハウス作りと計画が変わっています。

しかし時間がかかります。
見かねたベテランSさんが手を貸してくださいました。

d0237913_6592845.jpg
のこぎりでギコギコ削ってからヤスリがけしていたら

Routerを使えば?

えー、あまり使ったことないし自信ないなー・・・

d0237913_6594127.jpg
あーた何年やってんのよ、ちょっと見ててごらん

Sさんチャッチャとセッティングして、きれいに仕上げてくださいました。

d0237913_6595756.jpg
おかげで今日はジョイント2か所出来上がり

d0237913_701051.jpg
側面がだいたいできました
後、ガラスを入れる溝を作らないといけません

来週が今年度最後のクラスなので、何とか両側面くらい完成したいものです。
週2時間では、なかなか前に進みません。
こうなったら、Routerの使い方をマスターしてスピードアップするしかないかな・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2012-06-26 07:34 | ウッドワーク | Comments(0)

砥石

昨日のウッドワーク教室では汗だくになりました。
今ミニグリーンハウスを作っています。
おや、スプーンは作ってないのかい?
皆にからかわれながら。

そういえば
竹でスプーンを作るということは
西洋にはない発想らしく、
削っていると人が寄ってきました。
昨日も、

あの鑿はどこで手に入れたんだい?
と聞かれ

日本で知り合いに調達していただいたの。
特別な砥石もあるから今度持ってくるわね。

と言ってしまったのが先生の耳に入り

じゃあ今度みんなの前で日本風刃の砥ぎ方を実演してもらおう!
てなことに・・・

d0237913_7115984.jpg

教室から帰ってから、
ユーチューブでいろんな刃の砥ぎ方を勉強しているところです。

包丁の刃もろくに砥げないのに大丈夫かな~。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2012-05-30 07:22 | ウッドワーク | Comments(6)

音符スプーン quaver spoon

残っていた最後の竹でちょこっと冒険してみました。

d0237913_641957.jpg
といっても無難なところで八分音符スプーン ♪

削っているといい香りがしてきて幸せになるんですよ。
何しろタケノコに飢えてますから。

d0237913_6414791.jpg
ガストーチであぶって微妙にカーブをつけてます

d0237913_6413618.jpg
いつも焦がしちゃうけど

え、使い心地?
そのうち慣れるでしょう。
もしくは飾り物ということで・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2012-05-03 07:04 | ウッドワーク | Comments(2)