流れに逆らわず自分らしく生きようと心がけています


by mihohakamata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:イタリア旅行( 5 )

ラファエロ・サンティ

バチカン美術館の写真が山ほどあり
整理するのに時間がかかってます。

d0237913_17374076.jpg
聖母の戴冠
ラファエロ (1483-1520)19歳の時の作品

この時期は絵の具を水で溶いていたそうです。

d0237913_1738361.jpg
フォリーニョの聖母
ラファエロ29歳

人物をピラミッドの形の中に収めているのが特徴

d0237913_17382196.jpg
キリストの変容
ラファエロ37歳 死の直前まで描いていたという作品

背中向きの女性が描かれていますが
この向きによって観る人を導入するという効果があるそうです。

d0237913_7381414.jpg
右→左→中央
こうして観ると作風の変化がよくわかります
[PR]
by mihohakamata | 2014-05-02 04:32 | イタリア旅行 | Comments(0)

コロッセオ

d0237913_6532386.jpg
円形闘技場
長径188m短径156mの楕円形
高さ57m
50000人から80000人を収容

d0237913_655143.jpg
72年に工事が始まり80年に完成

d0237913_655388.jpg
剣闘士と猛獣の戦いなどが5世紀前半まで続けられた

d0237913_6542047.jpg
猛獣の檻などが置かれていた床下の様子がよく見えます

d0237913_712328.jpg
平和な時代に生まれてよかった
ひょっとしてこの時代にも生きてたのかな~
[PR]
by mihohakamata | 2014-04-20 07:34 | イタリア旅行 | Comments(1)

ローマ市内観光

d0237913_695791.jpg
真実の口
人間の上半身と魚の尾を持つ深淵からの使者トリトーネの顔

手を口に入れると、偽りの心があるひとは手を抜く時に
その手首を切り落とされる
手を噛み切られる
或いは手が抜けなくなる
という伝説があるるそうです。

d0237913_611594.jpg
トレヴィの泉 1762年に完成
ニコラ・サルヴィ (Nicola Salvi1697–1751) 原案
ピエトロ・ブラッチ (Pietro Bracci1700–1773) 制作

中央=水を司るネプトゥーヌス(ポセイドーン)
左=地母神ケレース(デーメーテール)
右=健康の女神サルース(ヒュギエイア)

d0237913_6103794.jpg
元々は古代ローマ時代に皇帝アウグストゥスが作らせたもの

d0237913_6113937.jpg
スペイン広場
オードリー・ヘップバーンの大好きな母
どこへ行ってもはしゃいでました

d0237913_612173.jpg
甘党の父もたまりません

d0237913_6124257.jpg
このパスタは味が濃すぎたので
オリーブオイルをドボドボかけて薄めていただきました
[PR]
by mihohakamata | 2014-04-15 06:52 | イタリア旅行 | Comments(2)

大聖堂付け足し

d0237913_7374793.jpg
祝福するサンピエトロ(聖ペトロ)の像

アルノルフォ・ディ・カンビオ(1245-1302年)作とされていますが
5世紀のものとする学者さんたちもいるそうです。

d0237913_8231720.jpg
みんな触ったりしていくので両足とも磨滅してピッカピカでした

d0237913_747465.jpg
天井見るの疲れて

d0237913_747725.jpg
下を見たら何かのマーク
八芒星だ!

d0237913_8122399.jpg
普通先にまっすぐ見て感動すると思うんですけどね

中央にあるのはベルニーニ(1598-1680)作 司教座の祭壇
[PR]
by mihohakamata | 2014-04-13 08:30 | イタリア旅行 | Comments(0)
世界で一番小さな国バチカン市国は44ヘクタール
ディズニーランドくらいの大きさだそうです。
国籍を持つ国民は400人ほど
イタリア人や外国人などの働く人たちは1500人ほど
莫大な財産を持っていて税金ゼロの国。

サン・ピエトロ寺院の創建は4世紀。
コンスタンティヌス1世により、聖ペテロのものとされる墓を参拝するための
殉教者記念教会堂として建設された。
現在の聖堂は2代目にあたり、1626年に完成したもの。

ここでは毎水曜日にミサがあり、この日の前日集まったのは7万人ほどで
現ローマ法王大人気だそうです。
丁度この日英国からエリザベス女王訪問ということでしたが
午後からだったので観光には問題ありませんでした。

d0237913_7533772.jpg
荷物検査を受けるための列に並び

d0237913_905273.jpg
微動だにしないスイス人衛兵にウィンクしながら

d0237913_8421291.jpg
ああこれがあの大寺院と思い

d0237913_8425810.jpg
ミケランジェロ(1475-1564)のピエタ(1498-1500年作)に胸が震え

d0237913_843187.jpg
23歳から25歳にかけての作品と知り更に目を見張り

d0237913_8435651.jpg
ラファエロ(1483-1520)のキリストの変容(1520年作)に圧倒され

d0237913_8501731.jpg
これはドメニキーノ(1581-1641)の聖ヒエロニムスの聖体拝領(1614年作)
ということを今調べて知り
Last Communion of St Jerome by Domenichino

d0237913_8495569.jpg
内部何分の一ほどの写真を撮り

d0237913_8442393.jpg
最後に国境近くで見納め

ふーーっ
[PR]
by mihohakamata | 2014-04-12 09:25 | イタリア旅行 | Comments(0)