流れに逆らわず自分らしく生きようと心がけています


by mihohakamata

<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

d0237913_632364.jpg
⑧裏板はカエデ
表板と同じように木目を合わせて貼り付ける

d0237913_7563452.jpg
⑨表板の裏側を丸鋸で削り
⑩型で輪郭をとったf字孔の丸い穴をドリルで開け
他の部分をのこぎりで切りとり、ナイフで仕上げる
⑪低音域の部分にバスバー(細く切ったスプルース)を駒の端からG線に対して平行につける
付ける
こうすることで強化された表板は弦によってかかる圧力に耐えることができる
またG線からの低周波振動を楽器本体に送り込む役目もする

*ストラディバリウスのバスバーは薄くて短かく、弦の圧力に対してプロテクトが不十分なため
現在残っている彼の楽器のバスバーはすべて取り換えられている

d0237913_7583728.jpg
⑫側板に表板、裏板を貼り付ける
板の厚さが場所によって微妙に違う
高品質の音を作る重要なポイントでもある
ストラディヴァリウスの表板は中心が4㎜かそれ以上、端のほうは2~3mm

スプルースの魂柱(サウンドポスト)をf 字孔から入れる
バスバーと反対側の駒の近くに配置
振動を表板から裏板へ運ぶ役割をする
これも位置によって音量や明るさが変る

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-31 07:13 | ウッドワーク | Comments(0)
d0237913_631115.jpg
①乾燥させたスプルース(松科)
②木目がそろうようにしてはり合わせる

d0237913_6313234.jpg
③型を使って
④側板(メープル、約1㎜)をつけていく
⑤補強のため細くしたヤナギを縁に貼り付ける

d0237913_632515.jpg
⑥できた側面で少し大きめに型をとり、のこぎりで切る
丸のこで表面を軽く削る

d0237913_6344529.jpg
⑦丸のこや鑿を使ってアーチを作る時は最新の注意が払われる
溝を作り細くした黒檀などをはめ込む(黒檀は2重でその間にはカエデがはめ込まれる)
亀裂が入るのを防ぐためらしい

d0237913_614989.jpg
これをパーフリングと言うが、今自分の楽器を見てみたら
黒檀+カエデ+黒檀で約1㎜であった

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-30 07:29 | ウッドワーク | Comments(0)

紫蘇ジュースでひと息

ストラディヴァリウス展で撮ってきた大量の写真をまとめるのに
時間がかかっています。

d0237913_541775.jpg
出来上がった紫蘇ジュース(炭酸水割)でちょっと一服
ありがとう、シソさん

こういうものが飲みたくなる天候が続いていて
何年振りかの夏を過ごしている感じ。

d0237913_5412474.jpg
小玉ねぎの収穫
植えたのが遅すぎたらしく大きくなりませんでした トホホ

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-29 06:01 | 自然栽培 / 収穫 | Comments(0)

ストラディヴァリウス展

オックスフォードのアシュモリアン博物館ストラディヴァリウス展に行ってきました。

d0237913_512249.jpg
当時の弦楽器工房の様子

d0237913_514836.jpg
時々訪ねるロンドンの工房と変わらない感じです

d0237913_52166.jpg
道具もあまり変わってないかも

d0237913_524094.jpg
ストラディヴァリ(1644-1737)の手紙
納品が遅れクライアントに懸命に詫びているといった内容

d0237913_6301652.jpg
バイオリンを作っていく過程

つづく

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-28 07:08 | 音楽 | Comments(0)

オックスフォードへ

d0237913_750158.jpg
またマシューとマリラに誘われて
今日はオックスフォード日帰り ♪

d0237913_7521083.jpg
古い大学の町に到着~
ロンドンからバスで約2時間でした

d0237913_7532145.jpg
別世界です

d0237913_7535140.jpg
川辺でピクニック
マリラのサーモン料理とマシューのサラダをごちそうになりました

d0237913_755120.jpg
卒業式か何かあったのかな?

d0237913_7553032.jpg
目的地到着

そうそう、マシューになんでそんなに土地勘があるのと聞いたら
学生の時住んでたんだよ
ですって。
オックスフォード出身とか聞かない限り口にしないマシューです。

つづく

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-27 08:05 | イギリスの風景/習慣 | Comments(0)

トルコの味

d0237913_632454.jpg
またトルコレストランに ♪
いつものラフマジュンがたまりません

最近はメインコースはパスしてラフマジュン&サイドディッシュ1品と決めています。

d0237913_634013.jpg
あま~いバクラヴァ

トルコの方って甘いのが好きなんですね。
Eちゃんのパパは紅茶にお砂糖いーっぱい入れます。

d0237913_6184920.jpg
トルコ食品店で購入したもの
健康に良さそうな乾燥ベリー(右側のは白桑の実)と
いろんな種類のひよこ豆(そのまま食べられます)

こういうお店では現地出身友人のアドバイスがとてもありがたいです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-26 06:27 | Comments(0)

やっと咲いた

d0237913_6323835.jpg
さてこれは何の花?

d0237913_6325752.jpg
echineceaエキネセアです

健康食品店でいただいた種が
3年目にしてようやく花が咲きました。
これまでナメカタ族に丸坊主にされてきましたが
今年は根がしっかりしてきたのか食べられても負けずに成長してくれました。
毎晩の族狩りの成果もあったと思います。

こんなに背が高いハーブとは知りませんでした。
原産地である北米の先住民はこのハーブを
蛇にかまれた傷や熱病、歯痛などに使用していたそうです。

作用
リンパの流れを活発にする
老廃物の排泄を促し、むくみをとる
免疫賦活作用
抗菌作用
抗ウイルス作用
抗酸化作用

効能効果
免疫力の強化
アレルギー
腺熱(伝染性単球増加症)
筋痛
脳脊髄炎
皮膚病
ジンマシン
感染症

注意
過剰摂取で、発熱・吐き気・下痢を起こすことがある
妊娠中、授乳中、キク科植物にアレルギーがある場合は使用しないように
結核・白血病・膠原病・多発性硬化症・HIV感染・自己免疫疾患の方などは過剰に摂取しないように

根が効くようですが
しばらくはお花として楽しませていただこうと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-25 08:10 | 健康法 | Comments(0)

邸宅の庭

昨日の続きです。
チャペルの中でめまいがして倒れそうになったHさん
あの部屋には何かあると言ってました。
貧血じゃないのかな~
それとも低血糖?

d0237913_664765.jpg
とりあえず急いで建物を出てカフェで休憩

顔色がよくなったので庭を散歩しました。

d0237913_682362.jpg
ラベンダーとスイートピーの組み合わせがかわいらしいこと ♪
香りも最高でした

d0237913_610164.jpg


d0237913_6104668.jpg
くねくねした大木

d0237913_6122941.jpg
元気そうです
ホッ

d0237913_6125967.jpg
き・れ・い

d0237913_6133229.jpg

もう少し写真があるのでまた・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-24 07:12 | ナショナルトラスト | Comments(2)

Ightham Mote

d0237913_4431999.jpg
4年ぶりのアイタムモート

d0237913_451248.jpg
もっとも古い場所は1320年に建てられたそうです

d0237913_561960.jpg
高い天井が印象的

d0237913_521888.jpg
高さの割に短めのベッド

d0237913_531094.jpg
邸宅内にあるチャペル

実はここで友人Hさんの具合が悪くなってしまいました。
貧血だと思いますが・・・

つづく

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-23 05:41 | ナショナルトラスト | Comments(0)

葡萄の葉

d0237913_6591176.jpg

葡萄の葉が生い茂っています。
昨年小さな庭に3本も苗を植えてしまいました。
初めてなので剪定の仕方もわからずまだそのままにしてます。
でもなんだかふさふさしすぎている気がするし
葉っぱを食べてみたら酸っぱくて身体に良さそうな味(?)だったので
若そうな葉だけ摘んで塩漬けにしてみました。

本当はもっと早い時期に収穫するのでしょう。
しばらく若い葉が見つかり次第塩漬けにしていこうかな・・・

人気ブログランキングへ
[PR]
by mihohakamata | 2013-07-22 07:11 | 自然栽培 / 収穫 | Comments(0)