流れに逆らわず自分らしく生きようと心がけています


by mihohakamata

<   2016年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日のロンドン

d0237913_07430851.jpg
煙をふかしながらゆっくり走っていく乗り物
古そうです

d0237913_07452074.jpg
ランチ時 at オフィス街の公園

d0237913_07514952.jpg
ネクタイ姿の男性たちがペタンクのようなゲームをしていました

イギリスではbowls と呼ぶみたいです。

のどかでした。


[PR]
by mihohakamata | 2016-06-29 08:35 | イギリスの風景/習慣 | Comments(0)

薬草園 6 Pelargonium

d0237913_07590641.jpg
Choun Cho

ぺラルゴニウム(ゼラニウム)は抗菌作用などがあるそうです

d0237913_08005676.jpg
Sidoidesの根のエキスは風邪などに効くそうです

d0237913_08015464.jpg
April Hamilton

d0237913_08033966.jpg
Lord Bute

d0237913_08135975.jpg
Cottenham Wonder

d0237913_08154486.jpg
Quantock May

d0237913_08163040.jpg
Splendide

d0237913_08194908.jpg
Hindoo

薬草園に行ってからずっと
色と香りに酔っているようです。
まだ醒めそうにありません。

昔実家でローズゼラニウムなど夢中で育てていたことを思い出します。






[PR]
by mihohakamata | 2016-06-28 08:48 | 健康法 | Comments(0)

薬草園 5

薬草園の入り口近くの一画に
医学的に分けられた植物がありました。
もうすでに頭がいっぱいです。
最初にみるべきだった・・・

Neurology 神経学
Dermatology 皮膚科学
Metabolic disorders 代謝異常
Parasitology 寄生生物学
Virology ウイルス学
ENT 耳鼻咽喉科
Lung disorders 肺障害
Analgesia 鎮痛
anaesthesia 麻酔
rheumatology リュウマチ病学
oncology 腫瘍学
ophthalmology 眼科学

これらのボードがあってそれぞれに植物が植わっていた記憶・・・

d0237913_07071367.jpg
Filipendula ulmaria(meadow sweet セイヨウナツユキソウ)

アスピリン(サリチル酸)はwillow(ヤナギ)の樹皮または
meadow sweet(セイヨウナツユキソウ)の樹液から作られていたそうですが
今は化学合成されたもののようです。
庭に生えてたら風邪の時などにハーブティーにして飲んでもよさそうですね。









[PR]
by mihohakamata | 2016-06-27 07:27 | 健康法 | Comments(0)

薬草園 4

d0237913_07223849.jpg
銀杏の大木(雌)

d0237913_07231188.jpg
焼いたギンナンは肺結核に効くんですね

d0237913_07215415.jpg
白のポピー

d0237913_07242673.jpg
赤(目みたいでちょっとこわい)

d0237913_07261629.jpg
ピンク系 

d0237913_07271019.jpg
赤&紫

d0237913_07290181.jpg

色とりどりのポピーも見頃でした。
1803年にポピーから痛みどめモルヒネをつくれることが明らかになったそうです。





[PR]
by mihohakamata | 2016-06-26 08:08 | 健康法 | Comments(0)

薬草園 3 ビタミン畑

d0237913_05305398.jpg
大きなアーティチョークの門を入ると

d0237913_05335236.jpg
d0237913_05345287.jpg
レタス、トマト、ニンジン、ブロッコリ、アスパラガス・・・

アスパラガスはビタミンACEを多く含むそうです。

d0237913_05312935.jpg
ビタミンB
d0237913_05330704.jpg
ソラマメにブロッコリ、ジャガイモなど
これって今うちに生えてる野菜ばかり

B12だけは植物には含まれてません。
ちなみにモロヘイヤはビタミンBだけでも1,2,3,5,6,7、9が含まれるそうです。

d0237913_05381050.jpg
d0237913_06130508.jpg
ここで採れるビタミンC

d0237913_05360841.jpg
ビタミンEK
d0237913_05372562.jpg
大豆、スイスチャード、レタス、パセリ、セロリ・・・

ビタミンB は13種、ビタミンKは5種あるなど
はじめて知りました。








[PR]
by mihohakamata | 2016-06-25 08:03 | 健康法 | Comments(0)

チェルシー薬草園 2

d0237913_07213202.jpg
緑肥5種類
Purple tansy, white mustard, white clover, yellow trefoil, crimson clover

d0237913_07084090.jpg
クリムソンクローバ―は初めて見ました

d0237913_07221268.jpg
tea treeってこんな木だったんですね
ローズマリーみたいな形かな

d0237913_07233873.jpg
Philadelphus coronarius (sweet mock orange)
柑橘系の木かと思ったらアジサイ科の木でした

d0237913_07251803.jpg
bee forage 蜂用の植物たち
こちらよりも

d0237913_07573935.jpg
thalictrum minusという木に

d0237913_07580154.jpg
蜂がブンブン群がっていました






[PR]
by mihohakamata | 2016-06-24 08:08 | イギリスの風景/習慣 | Comments(0)

Chelsea Physic Garden

d0237913_09161537.jpg
Chelsea Physic Gardenの入り口

レンガ塀に囲まれたチェルシー薬草園
都会の中の楽園、秘密の花園のようでした。

d0237913_09364173.jpg
まずはSweetpea Avenue
咲き始めたばかりのようです

d0237913_09202413.jpg
いろいろな

d0237913_09233029.jpg
色合い

d0237913_09234408.jpg
さまざまな

d0237913_09235863.jpg
香りに

d0237913_09241133.jpg
夢中 ♪

d0237913_09290464.jpg
うちのパワフルレディーとはそれぞれ違う香りでした

香りの世界も奥が深いですね。






[PR]
by mihohakamata | 2016-06-23 10:00 | イギリスの風景/習慣 | Comments(0)

Roofing slate

d0237913_03543433.jpg
瓦が・・・
いつの間に?

d0237913_03550838.jpg
応急処置してみようかなと

d0237913_03555785.jpg
思ったんだけど

無謀なことはやめて
専門家にお任せすることにします。


[PR]
by mihohakamata | 2016-06-22 04:22 | Comments(0)

Vegetable flowers

d0237913_06274419.jpg
ここ数年植えた覚えのないジャガイモが生えてきます

多分ジャガイモの皮とか埋めてるからでしょう。
それにしてもこんなに元気に育ったことありません。

d0237913_06281483.jpg
初めてジャガイモの花が咲きました

d0237913_06292969.jpg
ソラマメ

d0237913_06285924.jpg
ブロッコリー

d0237913_06323852.jpg
ロケット(ルッコラ)

d0237913_06342819.jpg
ボリジ

d0237913_06334131.jpg
蜂さんも写ってました

素朴なお花たち
ありがとう

[PR]
by mihohakamata | 2016-06-21 07:21 | 自然栽培 / 収穫 | Comments(0)

食べてました

d0237913_10332686.jpg
English breakfast

d0237913_10320357.jpg
Spicy chicken something...

d0237913_10435365.jpg
Victorian sponge cake

d0237913_10323941.jpg
Fish and sweet potato chips

先週は外食が続きました。
1日分ではありません。

この国でスリムでいられるなでしこ友たち
なぜ?





[PR]
by mihohakamata | 2016-06-20 11:22 | イギリスの食べ物 | Comments(0)