流れに逆らわず自分らしく生きようと心がけています


by mihohakamata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ぬか漬けその後

d0237913_6593722.jpg
最後のチリが赤くなりました

d0237913_73917.jpg
こんな可愛いらしいのにとっても辛いチリ

さて、8月に始めたぬか漬けだいぶ味がよろしくなってきました。
最初はWheat bran(小麦のぬか)を使いましたが、
足しぬかはすべて、軽く炒ったWheat germ(小麦の胚芽)にしています。
もさもさのぬか床だったのがしっとりなめらか。
細かく切ったチリを入れたり、ビフィズス菌(粉)を入れたりしました。

こちらの方のサイトとても参考になります。

d0237913_725743.jpg
ミニひょうたんカボチャたち
左はさっとゆで、水にとって冷やして絞った若いカボチャの葉
いろいろに使えます

d0237913_734443.jpg

d0237913_74283.jpg
15時間くらい漬けたけれど
もう少し我慢すればよかった

d0237913_75695.jpg
ニンジン、セロリと今年最後のナス漬け(9月)

海外で暮らしてらっしゃる方々、ぬか漬けが食べたくなったら
是非ふすま漬けをお試しください。
米ぬかじゃなくても十分おいしくできます。


人気ブログランキングへ
今日も一回緑のところをぽちっと押してくださるととても励みになります!
[PR]
Commented by cinnamon at 2011-10-11 09:40 x
とっても美味しそう!!!
お茄子のぬか漬けも、光沢が美しいのね。
ミニひょうたんかぼちゃも、輪切りにした断面がクローバー模様で、なんだか幸せな感じ♪

以前、知り合いのペンションの方が、パンとワインの床でお漬け物を作っていらっしゃいました。
酵母菌がいいのでしょうね。
ビフィズス菌、良いですね♪

Commented by mihohakamata at 2011-10-12 09:50
かぼちゃは大きくならずにすぐに腐ってしまうので、
このごろ小さいうちにとって漬けちゃっています。

パンとワインの床ですかー。
どんなお味なのかしら?!
by mihohakamata | 2011-10-11 07:56 | 保存食 / レシピ | Comments(2)