流れに逆らわず自分らしく生きようと心がけています


by mihohakamata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

くつろぎの家で

d0237913_803812.jpg
父の生家

大正時代の家が丁寧に改装されていました。
骨組みだけ残したようです。
吹き抜けにするため取り除いた天板はちゃぶ台や腰板に再利用。
歴史と愛情のこもった家でくつろいできました。

d0237913_805129.jpg
神主を勤めた祖父と祖母の神棚の前で
なぜか大粒の涙が・・・

会ったことのないおじいさんおばあさんが誕生日を祝ってくれたようです。

人気ブログランキングへ
Commented by pieta at 2013-08-17 14:59 x
お誕生日おめでとうございます。

大正ロマンからチューダー調。。
戦争がなければ東京にももっともっと立派な家が残っていたのですかね。。

カツオ。召し上がったそうですね。
では鍵膳も?
Commented by veronica-t at 2013-08-19 12:46
お誕生日、おめでとうございます。

次世代に残せるものって、やはり良い素材と、
丁寧な仕事なんだなって思います。
そして大切にする心と人なんですね。。
Commented by mihohakamata at 2013-08-22 09:12
pietaさま
ありがとうございます。

自国の材木を使った家屋はほんとに心地よいですね。
鍵膳って葛きりのことですか?
Commented by mihohakamata at 2013-08-22 09:19
veronica-tさま
ありがとうございます。

その通りですね。
また皆さんと語り合いたいです!
by mihohakamata | 2013-08-17 08:41 | 日本の夏 | Comments(4)